もし、あなたが短期間で英語をマスターしたいのであれば、この七田式盛りだくさんの 7+English おすすめです




たった60日で英語が話せる!?楽天3部門1位の英会話!<七田式>



まず、このような方には、向いていません。

・ TOEIC、TOEFLの成績を上げたい
・ 英語の小説を原文で読めるようになりたい
・ 英語でコラムが書けるようになりたい

もし、あなたが上記の内、
1つでも実現したいということでしたら、
七田式の7+Englishはお薦め致しません。

7+Englishは、
「英語が苦手な人でも短期間で英会話が出来るようになる」
ことに特化した内容
ですので、
英会話を身に着けることに直結しない内容は容赦なく
カットしています。






短期間で英語をマスターしたくはありませんか?
そんなあなた向きの英会話教材です。

実際にネイティブが特によく使うたった60パターン600フレーズを
CDとともにつぶやくだけ

自然と覚えていくのです

このような勉強法では、英語の上達は難しいです



もし、あなたがこの中のことで一つでも該当したら、
残念ながら、外国人とスラスラ会話できるようになるのは
非常に困難だと七田式の7+Englishは、考えています。

・英語をシャワーのように聞き続ければ
英語が話せるようになると信じて、
ただひたすら聞き続けている。


そろそろこのやり方だけをするのががあまり効果的ではないことは
私たちは気づき始めています。7+Englishは、聞き流すだけではない
きちんと口に出して何度も聞いて何度もつぶやくと
自然に覚えられるという教材です。





・TOEIC450、TOFEL600に出てくる単語を
単語帳に書いて、ひたすら暗記している。
TOEICの単語は、日常会話以上のレベルです。


7+Englishでは、中学生レベルの単語、ネイティブが日常会話で
よく使う英単語を抽出しています。日常会話に必要のない
単語は、思い切って排除しています。





・高校生の頃にならった英語の勉強法どおり、
正しい文法を身につけようと努力している。
英語を話す時、頭の中で英作文をしてから、
話そうとする。


高校レベルの英文法も、日常会話レベル以上です。他の簡単な言い方に
言い換えれば、十分に通じることがほとんどです。
頭に決まったフレーズがなければ
毎回頭のなかで英作文をしなければなりません。日常会話では
追いつかないですよね。七田式の7+Englishではこの
決まったフレーズを徹底的に覚えます




九九はどうやって覚えましたか?七田式の7+Englishでは九九を覚えたように実際に口に出して覚えます。






たった60日で英語が話せる!?楽天3部門1位の英会話!<七田式>



私たち、 日本人が日本語で会話するときに、
いちいち文法など意識していないように、
英語のネイティブたちも会話の際に英文法を
あまり気にしているわけではありません。
みんなが100点満点の文章を
話しているわけではありませんよね。





「よく使うフレーズ」の単語を入れ替えたり、
自由にアレンジしながら話しています。


「This is a book.」「I like baseball.」「My name is Kenji」
程度なら、
頭を使わなくてもスラスラ出てきますよね?

これって、文章の語順も含めて
覚えているから言えるのではないですか?
中学生の時に
何度も口に出して言ったから
覚えたのです。




いってみれば、こうした基本のフレーズは、
算数でいえば掛け算の「九九」にあたります。
多くの日本人は、この「九九」に当たる英会話のフレーズを
記憶していないので、
様々な教材や英会話スクールを試しても、
なかなか英語が話せるようにならないというのです。


だからこそ…
七田式の7+Englishが開発した
特にネイティブが日常会話でよく使うフレーズ60
を徹底的に口に出して覚えると
スラスラ英語が言えるようになるのではないでしょうか。


もし、あなたがネイティブのようにペラペラと
英語が話せるようになりたいのなら、
「よく使われる英会話フレーズ」をそのまま覚えてしまって
それを口から出すだけで良いのです。

文法を考えて毎回頭のなかで英作文をしながら
ネイティブと話すのは難しくても、
「短いフレーズを覚えて、必要な時にそのまま言うだけ」
これだったらできそうじゃないですか?

実際、これだけで日常英会話は成り立ってしまうのです。
これが「短期間で英会話をマスターする秘訣」です。

実際にネイティブが使っているフレーズはこれ。七田式の7+Englishでは、たった60日間で覚えてしまうプログラムです。



HPより、画像をお借りしました




実際にネイティブの日常会話を分析してみると、
この60のパターンを使った英会話フレーズが
頻繁に使われていることがわかったのです。

ネイティブはこのような決まったパターンのフレーズを、
頭で考えることなく、そのまま口からポンポンと発しているのです。

逆に言えば、この60パターンと、その例文(フレーズ)を記憶して、
自然に口から出せるようになってしまえば、
日常英会話は簡単に出来るようになるはずです。




そして
実際にイギリスの言語学者、C.K.Ogden教授は、たった850語で、
日常の会話の大半はできてしまうという発表を、
「The ABC of Basic English」(1932年)という本で発表しています。

日常会話で話されている単語も、さほど多くはないですね。

七田式400%記憶を採用している 7+English なら 右脳に働きかけ長期記憶にもつながります

しちだ教育研究所が35年という年月をかけて
研究開発した記憶メソッドを全面的に取り入れ、
60パターン600フレーズという
英会話フレーズを記憶する方法、
その名も「400%学習法」の開発に成功したからです。

400%学習とは、何回もやるということです。
私の子どもが小さいころ、しちだチャイルドアカデミーにかよっていて
この400%学習やっていました。その時は、同じ内容の学習を4回やっていましたね。





七田式7+Englishは、記憶メソッドで日常英会話フレーズ600を
簡単に身につけることができることを目指して開発されました。

この記憶メソッドに従って、CDを聞いて、つぶやいていただければ、
どんなに暗記が苦手な方でも必ずスラスラと話せるようになるでしょう。
そう、「九九」を覚えるのと同じ発想です。

しかも、七田式学習法の特徴は、一度覚えた内容は
すぐに忘れてしまう短期記憶ではなく、
脳の奥に記憶が粘りつくような、
長期記憶が出来る方法です。

右脳開発のしちだですから。


これだけのフレーズを記憶してしまえば、あとはシーンに応じて
単語を入れ替えるだけで、
どんな場面でも英会話が簡単にできるようになります。

まずは、60日間お試しができるので
実際に取り寄せてみましょう。
60日間実践しても英語が話せない場合、
開封後でも、購入代金を全額返金してくれます。








たった60日で英語が話せる!?楽天3部門1位の英会話!<七田式>